開店時に贈る祝いの品

フラワーギフトが特に人気

男性

親族や友人・知人が店をオープンすることになった場合に贈る開店祝いには、縁起の良さを表す品を選ぶのがマナーとされています。会社の取引先となる店のオープン時に贈る場合は予算相場も高めに設定されており、開店祝いを選ぶ作業も神経を使うものです。多くの人が開店祝いに選んでいる定番中の品はフラワーギフトで、花以外では招き猫などの置物やお酒・時計・バルーンアートも人気を集めています。開店祝いに贈られるフラワーギフトの中でも定番中の定番と言えるのは、幸運が飛んでくるという意味の花言葉を持つ胡蝶蘭です。花の見た目も華やかで店のオープンに相応しい胡蝶蘭は、花粉や香りがほとんど発生しないため店内に飾る目的にも適しています。開店を祝うメッセージ入りの立て札を添えた3本立ての胡蝶蘭が開店祝いの品として多く選ばれており、日持ちがする点も見逃せないポイントです。胡蝶蘭以外ではフラワーアレンジメントや鉢植えの花も人気で、特に鉢植えはお店が根付くという縁起を担ぐ意味でも喜ばれます。フラワーアレンジメントは購入する花屋さんのセンスも問われてきますので、注文の際にはアレンジメントの得意な店を選ぶといいでしょう。胡蝶蘭やフラワーアレンジメントに次いで開店祝いの品によく選ばれている観葉植物も、品揃え豊富な花屋さんで購入できます。特に飲食店の開店祝いでは香りの強い花や花粉が多く発生する花はあまり適していないため、胡蝶蘭や観葉植物を選ぶのが無難です。日持ちのしない花を開店祝いとして選んだ場合は、できるだけ開店日前日などオープン直前に届けるように手配する必要があります。最近ではインターネットからの注文に対応している花屋さんも増えており、配達エリア内であればサイト上で選んで購入した商品を指定住所まで配達してくれます。自分で店舗を訪れて開店祝いの花を購入する場合も含め、花屋さんを選ぶ際には配達への対応力も選定ポイントです。

開店したときの対処

レディ

知っている人や友人が新しいお店を開店したときには、開店祝いを出すのはマナーとなっています。開店をするという情報を知った時から事前に開店祝いの準備をしておきましょう。それでは、どのような開店祝いをすれば良いのでしょうか。オーソドックスな開店祝いは、お店に必要な雑貨を送るものです。例えば、飲食店であればお皿やテーブルなど、必要な小物類が良いでしょう。さらに、洗濯石鹸や洗剤なども大量に使用するので嬉しいものです。さらに、店頭に飾る開店祝いの花も喜ばれるものとして知られています。開店祝いを扱っているお店がありますので、どんなものが揃っているのかを確認してみて下さい。もちろん、インターネットからも開店祝いの申し込みができます。スマートフォンやパソコンを持っている人は、商品の種類や予算を把握してください。相場としては、相手との知り合い具合がポイントとなります。とても仲の良い友人であれば、3万円程度の開店祝いを送ると良いでしょう。もちろん、それ以上の額の開店祝いでも良いのですが、相手方が恐縮してしまうほどの高額のものは避けることをおすすめします。どんなものを送ればよいのかわからない場合には、お店の担当スタッフに相談してみましょう。お店の担当者は贈答に関する経験や知識が豊富なので、適切に相談に乗ってくれます。また、相手方の関心や興味に合わせて選ぶのも1つの方法です。開店祝い選びを楽しむのがポイントです。

届くタイミングに注意

ギフト

開店祝いのプレゼントは金額や品目も大切ですが、いつ渡すかも重要なポイントになります。もし開店パーティーやプレオープンイベントが開催されるなら、当日に持参して直接手渡しするのがベストといえます。プレゼントは当日までに選んで購入しておく必要があります。特にイベントがなくても、実際に店へ足を運んだほうが開店祝いの気持ちは伝わるでしょう。しかし遠方だったり時間の都合がつかなかったりして、開店当日に顔を出せないときは、プレゼントを配達してもらうこともできます。時期は開店の1週間ほど前から、当日までが適当とされています。開店祝いの定番には観葉植物や花束などがあり、特に鉢植えは「根付く」という意味で縁起物として喜ばれています。花では胡蝶蘭が、長持ちすることや香りがキツくないことから人気です。これらにネームプレートを付けて贈れば、贈る側の宣伝にもなるというメリットがあります。植物のギフトは花屋に依頼すれば配達日時を指定できます。開店前は相手も準備で忙しいでしょうから、もし親しい間柄なら、いつ届けたらよいか事前に尋ねておくという方法もあります。また花は開店当日に枯れていては困るので、いつまで保つかを確認しておくことが大切です。なお多くのギフト専門業者では、メッセージカードを付けて贈れるサービスが利用できます。気持ちのこもったメッセージを添え、タイミングを合わせることで、開店祝いの効果を最大に発揮させられるでしょう。

プレゼントに最適です

花束

プレゼントで花を贈る際にはいくつかの注意点があります。まず花には開花時期があるのでプレゼントの際は早めに予約しましょう。また病気の方にはふさわしくないとされる花もあります。名古屋で病気の方に花を贈る予定をしている方は、花屋のスタッフに相談して最適な花を選ぶようにしましょう。

もっと読む

お祝いの気持ちを伝える

ギフト

開店祝いはできるだけ早めに、蝶結びの水引のついたのしで贈るのがマナーです。また、火に関するものや赤いものは贈ってはいけません。相手の好みや欲しいものがわかる場合はそれに合わせるのがベストです。わからない場合は相手の方が自由に欲しいものを選べるように現金や商品券、カタログギフトがよいでしょう。

もっと読む

華やかな気持ちになる

フラワーアレンジメント

友達の誕生日プレゼントに花束を贈る場合、三千円から五千円を相場価格と考えておきましょう。プラスアルファのプレゼントにすれば、喜んでもらえます。また、名古屋で冠婚葬祭の席に花を贈ることも可能です。その場合、花屋で花の種類を訊ねておくことが大切です。

もっと読む