お祝いの気持ちを伝える

マナーを守った贈り物を

ギフト

おめでたい開店祝いですから、相手の方に喜んでもらえるように贈りたいところです。かえって相手の方に迷惑をかけてしまった、不快な思いをさせてしまった、ということにならないように、基本的なマナーやルールを押さえておきましょう。ただしお祝いのお花だけは当日の午前中がよいとされています。贈る時期ですが、開店の知らせを聞いたらできるだけ早いうちが望ましいでしょう。どんなに遅くとも開店の前日までには余裕をもって届けられるようにしましょう。開店祝いにつけるのしの水引は、何度あってもおめでたいことに使う「蝶結び」のものを選ぶようにしましょう。開店祝いに贈る品を選ぶ際に、まず、避けなければならないものを知っておくことが重要です。それは火事につながる「火」に関するものと「赤字」を連想させる赤いものです。ストーブなど火を使う電化製品、灰皿やライターなど煙草関係のもの、キャンドル類など、火にまつわるものは開店祝いに贈ってはいけません。またどんな製品でも赤い色のものは贈らないようにしましょう。お祝いの花も赤いものはよくありません。何を贈ったらよいかの選び方ですが、相手の方が親しくて、どんなものが欲しいか聞けるときは聞いてそれに合わせるのがベストです。また、相手の方の好みや、開くお店の雰囲気などがわかっている場合は、それに合ったインテリア製品や花、観葉植物などを贈るのも喜ばれます。ただ、スペースなどの関係もありますから、これも事前に確認した方がよいでしょう。欲しいものや好みがわからない、聞きづらい関係の場合は、現金や商品券など、相手の方が好きに使ってもらえるものがおすすめです。金額をはっきりさせたくない場合は、自由に選んでもらえるカタログギフトを贈るのがよいでしょう。

相場や費用は事前に確認

プレゼント

親しい友人が新しくお店をオープンしたり、通っているお店のスタッフが独立したりといったときに、開店祝いをしたいという人は多いでしょう。開店祝いを行うときには、基礎知識を知っておく必要があります。その知識をもとに、どのようなお祝いをすれば喜んでくれるかということを考えましょう。まず知っておくべき開店祝いの基礎知識は、相場です。開店祝いの相場は、相手との関係によって変わってきます。まずお祝いをする相手が仕事関係の人の場合の相場は、1万円から3万円程度です。特に相手が自分の仕事において重要な人物の場合は、5万円程度の金額を準備しておくと良いでしょう。相手が友人の場合の相場は、5千円から1万円程度です。また身内の場合は、3万円から5万円が相場です。もちろん現金をそのまま渡しても問題ありませんが、できれば相手が喜びそうな品物を贈ったほうが良いでしょう。品物の定番として挙げられるのは花です。新店オープン時によく飾ってある光景を見かける人も多いでしょう。相手が好きな花などがあれば、事前に調べておくと良いでしょう。意外に喜ばれる品物として挙げられるのが、事務用品です。どのようなお店であっても使用するような事務用品は、利用頻度が高いので喜ばれます。いくつかの事務用品をまとめて、セットで贈るといった方法もあります。相手の喜びそうなものがどうして思いつかないという人は、カタログギフトを贈ると良いでしょう。カタログギフトなら、ほしいものを自分で選ぶことができるので喜ばれるでしょう。

支払い方法も多数あり

花を持つ人

開店祝いに花を贈るとお店が華やかになり、縁起がよく一目をひくことができます。昔も今も開店祝いに花を贈るのは、当たり前になっているのです。そして開店祝いに花を贈るならスタンド花や花輪など、依頼主の希望に応じて迅速に対応してくれるフラワーサービス会社がおすすめです。実績と信頼のフラワーサービス会社なら、予算に応じて生花を日本中に届けてくれます。花の色からメッセージまで、注文に合わせて用意してくれるのです。また生花だけでなく観葉植物や造花まで、希望に応じて用意してくれます。そして開店祝いに贈るスタンド花などの立て札やメッセージには、一定のルールが存在するのでここをおろそかにするわけにはいかないのです。信頼できるフラワーサービス会社なら、マナーをしっかり守って対応してくれるので安心できます。フラワーサービス会社の利用法は非常に簡単です。オンライン上のフォームから申し込むとメールが返信されてくるので、受付が終わると手配してくれます。またファックスによる申し込みもできるので、ネット環境が整ってなくても注文することができます。支払い方法は銀行振込から、クレジットカードやコンビニ決済などが利用できます。また注文はいつでもできるので便利です。そして花は宅急便や関連フラワーサービス会社から迅速に届けてくれます。開店祝いに花を贈るのは個人から法人や団体まで、誰でも利用することができます。興味がある人にはフラワーサービス会社からカタログを送ってくれます。

プレゼントに最適です

花束

プレゼントで花を贈る際にはいくつかの注意点があります。まず花には開花時期があるのでプレゼントの際は早めに予約しましょう。また病気の方にはふさわしくないとされる花もあります。名古屋で病気の方に花を贈る予定をしている方は、花屋のスタッフに相談して最適な花を選ぶようにしましょう。

もっと読む

お祝いの気持ちを伝える

ギフト

開店祝いはできるだけ早めに、蝶結びの水引のついたのしで贈るのがマナーです。また、火に関するものや赤いものは贈ってはいけません。相手の好みや欲しいものがわかる場合はそれに合わせるのがベストです。わからない場合は相手の方が自由に欲しいものを選べるように現金や商品券、カタログギフトがよいでしょう。

もっと読む

華やかな気持ちになる

フラワーアレンジメント

友達の誕生日プレゼントに花束を贈る場合、三千円から五千円を相場価格と考えておきましょう。プラスアルファのプレゼントにすれば、喜んでもらえます。また、名古屋で冠婚葬祭の席に花を贈ることも可能です。その場合、花屋で花の種類を訊ねておくことが大切です。

もっと読む